News テルニ

テルニ

テルニ

ホームテルニ_でき事ウンブリアテルニ_情報テルナーノテルニ_提供テルニ
テルニ_文化

italiano : english : deutsch : español : japanese

テルニ、鋼鉄鍛造の町の歴史
テルニイタリアで一番近代工業化の魅力を体験した町である。 そして、国にその高生産能力を提供して、他のどの町よりも工業と発展の決意を明確にしてきた。 

既に18-19世紀にかけ、広大な水資源を利用して得たエネルギーを使った最初の工場が建てられた。 それが加速するのはイタリア統一直後、1880年に武器工場、1884年に鉄鋼所が創立されてからである。 政府は近代国家誕生には大規模な工場が必要である&##12392;決定、その理想的な場所としてテルニを選んだ。 それは豊富な水源と内陸の重要拠点に位置するという好条件による為で、テルニ工業化の極は信じ難いほど発展した。 それは大変貌の時代で、町の中心部は根本から変わり、増加する一方の人々を受け入れる準備がされた。 こうしてイタリアのマンチェスター伝説が生まれた。

工場の生産物の大半は、当初、軍需工業向けであった。 #22823;戦争を戦った武器、大砲、イタリア海軍の船の装甲板、そして鉄鋼を使用したもの、光っているものは何でもウンブリアのこの地から来ているようだった。 ファシズムまでもそのバイタリティーを専用して(ムッソリーニはテルニをダイナミックな町と称した)、体制の神話の一つとした。

町は益々その工場の運命と緊密になり、全域に、労働者、あらゆる種類の労働力、事務員、工場#22580;の幹部を受け入れる住宅が建てられた地区が生まれた。 テルニは未来を先取りする工業都市のモデルとなった。

そして第二次世界大戦と爆撃の時代となった。 爆撃は市民の建物や住宅をも攻撃し、その頻度と集中度はどんな経済力をも壊滅させるほどであったが、工場や大企業は奇跡的に無償であった。 被害は住民に及び、その数は約千人にのぼった。

戦後の工業とテルニ鉄鋼所は、膨大な被害を受けた住民の運命を再び活気付けたが、その黄金時代と活力は既に過去のものであった。 しかしながらラ・テルニ(テルニ鉄鋼所)に依存し続け、生産物の再転向が強要された結果、特殊鋼生産工場が生まれ資本が私有化された。 その後は現在知られている通りである。
旅行のクリップボード
テルニの#31777;単な歴史 - 現在のテルニを形成する基盤は、大昔、二本の... テルニ_邸宅
テルニ_ホテル テルニで一番素晴らしい日、サン・ヴァレンティーノ - もしもテルニイタリアと世界で有名なら、... テルニ_オフィス
テルニ_ イン アルナルド・ポモドーロの槍、テルニの光 - ポポロ通りの終わる場所に記念碑光の槍が飾ら... テルニ_手仕事
テルニ_典型的なプロダクト テルニにおける自然のスペクタクル - テルニの領域は訪れる人にとって最高のものが... テルニ_地図
テルニ_達する方法 テルニのオルネオーレ・メテッリ市立絵画館 - 市立絵画館の収集美術作品は一人の特異な芸術... テルニ_教会
Text and images contained on this page and related linked pages are protected by copyright laws, unauthorized copying is strictly prohibited.
  • テルニ_ニュース
  • テルニ_最後の分
  • テルニ_ルート

テルニ_つまずき versione italiana english version deutsch version version espanol