News チッタ・デッラ・ピエヴェ

チッタ・デッラ・ピエヴェ

チッタ・デッラ・ピエヴェ

ホームチッタ・デッラ・ピエヴェ_でき事ウンブリアチッタ・デッラ・ピエヴェ_情報トラジメーノ湖チッタ・デッラ・ピエヴェ_提供チッタ・デッラ・ピエヴェ
チッタ・Ӡ#12487;ッラ・ピエヴェ_文化

italiano : english : deutsch : español : japanese

ピエトロ・ヴァンヌッチ:チッタ・デッラ・ピエーヴェにおけるルネッサンス
チッタ・デッラ・ピエーヴェで、ルネッサンスの模範神のような画家ペルジӦ#12540;ノは生まれた。

ウンブリア
を訪れる人はチッタ・デッラ・ピエーヴェを避けるわけにはいかない。 それは、ローマへ行ってシスティーナ礼拝堂に入らない、美術史を勉強するのにラファエッロの作品を知らない、イタリア文化を知るのにレオナルド・ダ・ヴィンチが誰か知らないようなものだ。 チッタ・デッラ・ピエーヴェでは、これらすべてのエレメントが出会い接触して、世&##30028;の隅々まで知られているイタリア文化満開の時期ルネッサンスにおいて、いままでになく輝がやかしいショートを起こしたのだ。 結合を表すものはまさにピエトロ・ヴァンヌッチペルジーノだ。 彼はチッタ・デッラ・ピエーヴェで生まれ、ラファエッロ・サンツィオのマエストロ、レオナルドの友人、そしてシスティーナ礼拝堂に描かれた傑作中の傑作鍵の奉献の作者である。 この௾#30701;い記述を通して、魅了してやまないムーブメントの核心にいる、問題の人物の偉大さが想像つくだろう。 神のような画家のゆかりの場所や作品を訪れ、チッタ・デッラ・ピエーヴェの道を散歩するだけで、ルネッサンスの素晴らしい息吹をすい込むことが出来るのだ。 例えば、通りの角を曲がって小礼拝堂、あのサンタ・マリア・ビアンキに入って、驚くようなフレスコ画東方三博士の礼ৢ#25309;に出会う、などということは稀だ。 チッタ・デッラ・ピエーヴェに残った作品の中で一番重要なもので、フィレンツェから戻った後、1504年に製作された。 描かれた造形の優雅さや甘美さに酔いしれたあとは、作品中に描かれている素晴らしいパノラマに注意しよう。 その風景は、チッタ・デッラ・ピエーヴェからトラジメーノ湖ヴァルディキアーナの方向を1度でも見た事のあ|#12427;人なら見覚えがあるだろう。 伝承によると、作品には彼の傑出した弟子、ラファエッロの手も入っており、聖母像とその後の子犬のタッチにそれが見られるという。

7世紀頃建立された教区教会を核にして町全体が形成された。 そのサンティ・ジェルヴァーソ・エ・プロタシオ大聖堂に、ペルジーノは2点のタブローを描いている。 1510年作キリストの洗礼、1514年作栄光のೕ#32854;母と聖人達。 彼の散策を終えるのにはあと2点残っている。 1517年に製作されたキリスト降架図、損傷しているが、サンタ・マリア・デイ・セルヴィ教会にかなりの断片が残っている。 もう一つはサン・ピエトロ教会にある隠棲者サン・パオロとサン・マルチェッロを伴う修道院長サンタントニオで、1508年の製作と推定されているが、保存状態が良くない。

現在の美術#39208;では芸術品を集中して見せてくれる良さがあるが、一つの作品を、それが構想され描かれた場所で鑑賞する魅力にはとうてい及ばない。 チッタ・デッラ・ピエーヴェにピエトロ・ヴァンヌッチは多くの作品と、この先もずっと、少なくとも世界にルネッサンスの作品の価値と美の場所がある限り、誇りとなる名前を残したのである。 

傑出した作品を本来の場所、その自然な背景で鑑賞できるĐ#27231;会は益々少なくなってきている。 話を広げると、町全体がペルジーノの作品の自然な背景だと言える。 通りや家々、広場や建物は彼の芸術的メッセージを理解する一助となる。 チッタ・デッラ・ピエーヴェは神のような画家にとって、揺籃の地、インスピレーションの源泉、そして初期の記憶のある土地である。 結果から判断すると、彼は傑出したムーサ(芸術・学芸をつかさどる9人の女Ķ#31070;)だったと結論できるだろう。


ペルジーノの祖国に訪れる人を同じ魅力と印象が包み込む。 それはまるで、デザイン画で一杯のファイルを脇にしっかり抱えたぼさぼさ頭が、今にも街角から出て来るかのようだ。 何も当時から変わっていないようだ。 時計の針を500年戻したかのように、すべての物がまるで時間が停止したように見える。 しかし実際は、幸いにも過去が全くの過去{#12395;なっていないので、現存する素晴らしい遺跡建造物は毎日活き活きと再生しているのだ。 町は人々で、見物人、観光客、通りすがりの人で活気づいている。 皆が、ウンブリアで一番美しい町で深い感動を得たい、という同じ望みに突き動かされたてここまでやって来たのだ。


Text and images contained on this page and related linked pages are protected by copyright laws, unauthorized copying is strictly prohibited.
  • チッタ・デッラ・ピエヴェ_ニュース
  • チッタ・デッラ・ピエヴェ_最後の分
  • チッタ・デッラ・ピエヴェ_ルート

チッタ・デッラ・ピエヴェ_ホテル versione italiana english version deutsch version version espanola