オルヴィエターノ

オルヴィエターノ

オルヴィエターノ

ホームオルヴィエターノ_農場の休日ウンブリアオルヴィエターノ_提供オルヴィエターノ
オルヴィエターノ_文化

italiano : english : deutsch : español : japanese

オルヴィエートとその領域、エトルリア文化の聖域
オルヴィエートの町は、自然環境だけでなく歴史や考古学遺産が豊かな、非常に魅力的な地域の中心地である。 オルヴィエートの過去はエトルリア文化に根ざしている。 古代の住人ヴェルズナーヴォルシーニが紀元前8世紀頃オルヴィエートの絶壁に定住し、活発な文化と商業の中心地となった。



しかし、一番重要な史跡は荘厳な大聖堂だ。 指揮をとったシエナの建築家ロレンツォ・マイターニが、明確なゴチック様式を取り入れて、13世紀末に建築が着工した。 今日オルヴィエートでは、それまで教会の正面には一度も作られたことがない、最も美しい正面を賛美することができる。 幾何学模様の内側は、モザイクで描かれた人物の豊富な色彩が満ち溢れている。 正面が13世紀の貴重なトリプティクを連想させる一方、内部には数多くの傑作がある。 中でも、ルネッサンスの最も有名な画家の一人、ルーカ・シニョレッリの傑作が見所だ。

まり知られていないが、注目に値するのがスカルツオラ、建築家のトッマーソ・ブオッツィの創作が結実した"理想の町だ。 それは、モンテガッビオーネにある、1218 ၔにアッシジのサンフランチェスコが創立した古い修道院の場所だ。 ブオッツィが全面的に改修したその空間は、シンボルやイコンで満たされ、神秘的な環境を作りだしている。 それは町のではなく、あたかも内面の散策路であるかのようだ。 その空間を歩いていると精神的な歩みに立ち向かう。 日常の環境から出て、精神や聖なる物、世俗なる物、空間そして時間の概念をつき返す環境に浸ってしまうのである。
旅行のクリップボード
オルヴィエート地域の風景、自然環境散策ルート - オルヴィエートの領域の風景はとても変化に富ә... オルヴィエターノ_邸宅
オルヴィエターノ_ホテル オルヴィエート地域の歴史・考古学散策ルート - オルヴィエート地域は、エトルリア人が特に好ん ... オルヴィエターノ_オフィス
オルヴィエターノ_ イン オルヴィエート地域のエノガストロノミア - (料理とワインを美味しく味わう術) 散策ルート... オルヴィエターノ_手仕事
Text and images contained on this page and related linked pages are protected by copyright laws, unauthorized copying is strictly prohibited.
  • オルヴィエターノ_典型的なプロダクト
  • オルヴィエターノ_地図
  • オルヴィエターノ_達する方法

オルヴィエターノ_観光事業 versione italiana english version deutsch version version espanola